Unityを触ってみる~インストール編~

〜明日のハッカソンに備え、やはり少しは知識入れときたいと感じたゆっきは
慌ててUnityをインストールして実際に触ってみたのであった。〜

 

ってことでブログ連投になってしまったのですが
忘れないうちにUnityの導入方法から実際に触るまでを
さらっとまとめておきます。

 

f:id:livace:20180202155430p:plain

unity

まずはパッケージのDLから。

※ちなみにゆっきのマシンは言語を英語に設定してるので、英語の羅列が出てきます。
 英語アレルギーの人はご注意を。

store.unity.com

前回の記事でもDLサイトは載せてたけど改めて掲載

無事にDLできたらパッケージを開いてインストーラーを起動。

f:id:livace:20180202142834p:plain

アプリをインストールする為に左側のアイコンをクリック。

f:id:livace:20180202142839p:plain

外部からアプリをインストールしようとしているので
警告ポップアップが出てくるが、問題ないのでパッケージを開く。

f:id:livace:20180202142844p:plain

パッケージを開くとインストールするか聞かれるのでこれはコンテニュー。

f:id:livace:20180202142852p:plain

ソフトウェアライセンスに同意してくださいの表示が出るので
これはAgree

f:id:livace:20180202142859p:plain

インストールするときに同時に、
その他のライブラリやパッケージもインストールできるが
特にカスタムする必要もないので、そのままContinue

f:id:livace:20180202142913p:plain

 アシスタントではなくMacintoshHDをクリックしてContinue

 

f:id:livace:20180202142904p:plain

インストールするときにパスワードを聞かれたので
自機アカウントのパスワードを入力

f:id:livace:20180202142902p:plain

するとインストールが開始されるのでしばらく放置。

f:id:livace:20180202143718p:plain

インストールが完了したらFinderが自動で開いたのでここでアプリを選択。

f:id:livace:20180202144019p:plain

するとサインインするように指示されるのでアカウントを持ってない場合は
作成する必要がある。サインアップはここから

f:id:livace:20180202144400p:plain

無事サインアップも完了したら再度サインイン。

f:id:livace:20180202145449p:plain

ライセンスに関してはパーソナルを選択

f:id:livace:20180202145416p:plain

そのあとは自分の使用用途に合わせてラジオボタンなんかをチェックしていく

f:id:livace:20180202145431p:plain

これでUnityのセットアップが完了。

f:id:livace:20180202145704p:plain

ここまでおおよそ15分程度。
※回線環境やマシン性能にも左右されるのであくまで目安として。

 

とりあえずこれでインストールが完了したので
次は実際にアプリを作ってみることにする。

 

ってことで続きは次回に!

ではー。

この記事をシェアする