HoloLensハッカソン Day1

どーも、どーもどーもゆっきです。

さていよいよHoloLensハッカソンの当日がやってきたので
今回はその初日の模様をまとめていくよー٩( 'ω' )و

ちなみにHoloLensに関しては、過去記事をルックしてねー(いきなりルー語

 

www.livace-blog.net

 

 

今回のイベントについて

開催の目的

今回は、

その場にいながら、バーチャルな空間と融合した世界が体験できる、

近未来の世界へようこそ!

Microsoft HoloLensで動く、アプリの企画から実現までを2日間で体験してみよう!

というのが最大のテーマで
所属を超えてグループで課題解決をしながら、HoloLensで動くMRアプリの開発していくことで
面白くて独自性のあるモノが産まれることを狙いにしている。

開催場所

f:id:livace:20180204094854j:plain

開催場所として選ばれたのは、
大阪・梅田にある関西大学梅田キャンパス内に設置されているMrise
ここで二日間に渡って実施される

また会場提供として、関西大学梅田キャンパス、スタートアップカフェ大阪にも協賛いただき感謝!

参加対象者

そして、今回の参加対象としては

・HoloLensによる近未来の世界を実際に体験してみたい初心者の方

・所属や組織を超えて、新しいモノを作ってみたい方

 (プランナー・デザイナー・プログラマー・クリエーター)

・物作り経験者・職人

・アーティスト (音楽や絵画、デザインなど経験のある方)

・Holoレンジャー(HoloLensの開発に携わったことのある方)

 と、結構幅は広く、実際の参加者においても
デザイナーや3Dコンテンツの開発未経験者も多くみられた。

今回の審査員

f:id:livace:20180204103604j:plain
日本マイクロソフト株式会社 HoloLensテクニカルエバンジェリスト
高橋 忍氏

HoloLensのみならずWindows10のアプリ開発やUI/UX、クラウドの技術にも
幅広く精通し、セミナーやハンズオンなど様々なイベントに精力的に活動している。

f:id:livace:20180204103613p:plain

Unity Technologies Japan合同会社 アセットストアマネージャー
常名 隆司氏
(UnityTシャツの存在感・・)

2014年からアセットストア担当としてUnity Technologies Japan入社。
現在はアセットやアセット作家さんを増やすための活動、アセットを活用するために必要な情報の発信者を増やす活動などを行っている。

主催および協賛企業

主催団体

f:id:livace:20180204104924j:plain
大阪駆動開発 - connpass

主に大阪を中心とした関西地域を中心にIT関連で
様々なイベントを開催している団体。

f:id:livace:20180204105111p:plain

HoloMagicians - connpass

HoloLensに関心のあるデベロッパー、デザイナー、クリエイター集団。
各地で勉強会を行い、開発セッションやTouch & Try、アイデアソンやハッカソンを行っている。

協賛企業

TSUKUMO・GONENGO LLC・JASEC 一般社団法人 日本イーコマース学会
株式会社マイスター・ギルド・有限会社栄和・株式会社ネクストスケープ

イデアソンからチームビルディング、そして開発へ。

f:id:livace:20180204105838j:plain
(左:サムスン・オデッセイ 右:マイクロソフト・HoloLens)

短時間でのアイデア出しは凄まじいことに

f:id:livace:20180204094920j:plain

参加者の受付が終わった時点で各々に好きな席についていただいたところで
今回のイベントの趣旨説明もほどほどに早速アイデアソンを開始。

 

しかし、用意された時間は15分。

 

その限られた時間で出されたアイデアの量がすごい!

f:id:livace:20180204095015j:plain↑これでも全体量としてはごく一部にすぎない。

f:id:livace:20180204095038j:plain

f:id:livace:20180204095026j:plain

APIを指定したり、立体音響を使うなど具体的な案が出ていることに
開発者たちの本気度が伺える。

チーム作成も斬新

イデアソンのタイムリミットとなり、その後はSlackを利用しての
簡易投票場が開設される。

f:id:livace:20180204112851p:plain
(半ばカ◯ジのような・・)

投票した数のままチームが作成され、結局はトータル7チームで作業を開始。

そして、いざ開発スタート

f:id:livace:20180204094936j:plain

f:id:livace:20180204094947j:plain

f:id:livace:20180204095003j:plain

最大9人のチームからはたまたぼっちで作業する開発者もいたり。

中間発表から衝撃の発表・・

そして時間は過ぎていき、中間発表の時間となり
各チームによってブラッシュアップされたアイデアをどのような方向で開発していくかを
審査員を交えながらピッチ大会へ。

f:id:livace:20180204095115j:plain
高橋氏によるMS社での開発風景の解説。
グローバルな大企業でもポストイットによるアイデア出しや、模型を利用したMRデモの作成などアナログな作業を行うことも非常に大切とのこと。

 

f:id:livace:20180204095104j:plain

f:id:livace:20180204095049j:plain

その後も技術者たちのサポートを交えながら開発は進み夜の部へ。

終了時間間際になっても冷めやらぬ開発熱

中間発表後勢いをそのままに、
会場退出時間のギリギリまでエンジニアたちは開発を進めていく。

 

その間にも常名氏から

f:id:livace:20180204095125j:plain
タワーができるほどのモンスターや、
節分ということもあり、協賛企業から恵方巻きの差し入れなどもあったりと
参加者へのサポートも素晴らしい。

 

そうして、初日のハッカソンは終了していった。

はみ出しハッカソン

初日が無事終わり、東京から来阪している高橋氏、常名氏両名に加え
そのほかの運営者たちと会場近くの串カツ屋にてプレ打ち上げ!

f:id:livace:20180204095138j:plain

高橋氏にはMS社の社内事情や今後の日本企業における展望について熱く語っていただきました。

 

大いに盛り上がっているハッカソンも、翌日の17時で開発は終了。

一体中間発表からどのように仕上がるか非常に楽しみ!

 

ということで次回は2日目の模様を書いていくよー!٩( 'ω' )و

それではこの辺で!

この記事をシェアする